結婚調査

結婚前に常識的に知っておくべき結婚相手の情報

結婚を視野に入れた交際をしている場合には「交際相手の人間性」が良好であっても「結婚相手として相応しい」と判断されるわけではありません。
家族間で価値観が大きく違っていたり、経済的な格差が存在する結婚は「相応しい結婚相手と判断できない」と言えることでしょう。
このような様々な物事がクリアーされて初めて「結婚を前提にした交際がスタートする」と言えるのです。

結婚を意識した男女交際の多くは「上記の順序と同様に進行することが稀」と言えます。
自ずとお子さんが結婚を意識した年齢に達して交際をしているケースでは、交際相手の細かな情報が気がかりになることでしょう。
どのような家族構成の家に育ち、何人兄弟であるか?ご両親やご兄弟の職業や家柄は?経済的に裕福であるか?等は事前に情報として最低限知っていたいと考えるものです。
このような情報を抜きにした「結婚を前提にした交際は成立しない」と多くの場合には言えるのです。

もし、結婚を控えた状況下において「結婚相手とその家族について情報不足」であった場合には「結婚後の生活に問題が発生する可能性」が否定できません。

結婚後に「相手家族の誰かが重度の持病をもっていた」や「過去に商売で失敗した事実があり、多額の負債を返済し続けている」などの事実が発覚したならば「幸せで穏やかな結婚生活は最初から存在していない」と言え、結婚相手とその家族に対して「結婚後に不信感を持つ」状況となってしまうのです。

幸福な結婚生活を送る最低限の条件が存在するならば「相手家族について多くを知った上で結婚し、多くを受け入れる気持ち」が必要と考えられます。
この準備が無い状況では幸福な結婚生活が将来的に送れる可能性は極めて低いと判断できるのです。

結婚調査により判断できる幸福

本当に心から好きで愛している異性との結婚であったならば「一緒に苦労を背負う覚悟も整う」ことでしょう。
世の中の男女の多くがこのような境遇で結婚したならば「結婚は素晴らしい」と思い幸せな結婚生活を送ると言えます。

しかし、現実には3人に1人が離婚の時代に突入している。何故、これほど離婚率が上昇してきたのか?年配の方々は口を揃えて「辛抱できないから離婚を選ぶ」と言葉にします。

結婚生活は他人と他人が家族として共同生活をゼロからスタートします。
この事実はどなたにも共通する「結婚のスタートライン」と探偵は考えるのです。

若い男女が結婚した場合に立ちはだかる離婚原因のもっとも多い理由は「低所得や経済的不安定」と言われています。
若い人物で立派に稼げる人物がどれ程存在するか?逆に考えてみれば理解できることなのですが「若くして高収入な人物は極めて少ない」と簡単に答えが誰にでも理解できています。

頭で理解して「貧乏でも結婚しようと考えていたはずが我慢できなかった」が皆さんの正直な離婚の本音と考えられるのです。
離婚を選んでしまう流れの中で「結婚前に想定できていれば結婚を選択しない」と考える人物は多いと探偵は考えています。
実際に探偵に結婚調査を依頼し、結婚相手についての情報を調べて「結婚するか判断する依頼人」は「離婚原因となりうる要素を事前に知る」ことを重要視していると言えます。

結婚調査によって知り得た情報が、自身にとって将来我慢できない状況に陥る可能性を「自身の性格と照らし合わせ」考慮してみる。
趣味・嗜好・性格・癖などを総合的に判断し「自身の価値観に近く、ストレスの少ない人物であるか判断」する。

結婚調査によって事前に得られる情報が「結婚後の幸福度に関わる情報」と判断し、お金にはかえられない調査であり情報であると考え、実施される結婚調査を多くの依頼人は「将来への投資」と判断しているのです。