調査対象一覧

  1. 家出人調査・住所調査
    繊細な情報が必要とされる調査項目の代表が、「家出調査」や「人探し」「行方不明者捜索」と言えます。所在判明に繋がる情報は些細である場合が多く、地味な情報から所在が判明することが最も多いと言えるのです。...続きを読む
  2. 勤務先調査
    対象者の勤務先を判明させる調査のことを「勤務先調査」と言います。勤務先を調べるためには最低でも対象者の自宅住所や居住先がわかっていることが条件となります。...続きを読む
  3. 結婚調査
    交際相手の人間性が良好であっても「結婚相手として相応しい」と判断されるわけではありません。家族間で価値観が大きく違っていたり、経済的な格差が存在する結婚は「相応しい結婚相手と判断できない」と言えることでしょう。...続きを読む
  4. 素行調査
    堅実で間違いない判断を下すためには「情報」が必要となるものです。探偵が実施する素行調査の多くは「判断に必要な情報を得る」ために実施され、「人生を左右する重要な判断」を間違えないためにも必要な調査となります。...続きを読む
  5. 不倫調査
    不倫調査をご相談される人物の多くは「自身の将来を考えている」と言えます。不倫調査を実施後ご自身が想定していた悪い結果が探偵によって報告されたならば「離婚を視野にパートナーと話す」ことが必要となるからです。...続きを読む
  6. 借金調査
    借金をしている人物が周囲の家族に黙って借入を繰り返す。このようなケースに至る過程で、借金をしてしまった人物の動向から「おかしな点」が感じ取れることは少なからずあるものです。...続きを読む
  7. 身元調査
    自身が何者なのか理解が得られる材料である身元情報。世間に存在する人物の殆どが避けて通ることが出来ない、自身の身元が明確でない人物が希望する将来に進むことは現実不可能な世の中と言えることでしょう。...続きを読む
  8. 追跡調査
    追跡調査の多くは「移動手段となる乗り物を把握」することが重要なポイントとなります。自動車やバイク電動アシスト自転車などの追跡を実際に実施するには「探偵に追跡のための準備が必要」となるのです。...続きを読む