信用調査(個人・法人)

個人信用調査・企業信用調査

信用調査は大きく2種類に分類することが出来ます。まず、個人に関する情報を調べ上げる「個人信用調査」が一つ目になります。調べたい人物についてどのような情報をご依頼者が欲しているか?で探偵が実施する調査手法が異なる調査のため、一言で調査手法が断言できない調査でもあります。

通常、個人の信用調査を実施する場合にもっとも適した調査手法は「聞き取り面談による情報収集」が第一にあげられます。氏名・年齢・過去の経歴・現在の職業・家族構成・などは基本的な情報であり、この情報を基に多くの情報が必要なケースでは「更に掘り下げた調査を実施」するのです。稀に情報が乏しく聞き込みや面談による聞き取り調査で情報が得られないケースでは「実働調査である行動確認も実施」することがあります。

勤務態度は良好か?素行不良が無いか?退社後の時間をどのように過ごす人物か「どのような人物と好んで交遊をもっているか?」などを重要視して行動確認するのです。この行動確認調査で「悪い癖や、社会的に問題視される動向」が確認されたならば「信用の低い人物」と調査報告されるのです。

このような個人信用調査をご依頼を承る案件の多くは「重要なポストを任せられる人材であるか?」確認作業として調査が必要となり実施されます。企業に所属する一個人であっても「将来を嘱望される人材は個人信用調査の対象」となるのです。

その他の信用調査の代表的なものが「企業信用調査」です。言葉の通り企業を「ご依頼者の欲している情報に趣を置き調査し、経営状態や企業としての信頼度合や、経営状況等をご報告する調査になります。
もちろん企業のトップで舵取りをしている人物についても情報収集し、皆さんが気になる「経営手腕の評判」なども情報としてご報告する調査となっております。
過去の経営状況や不祥事に関する調査、行政処分の有無なども気になる調査カテゴリーとなっている為、ご依頼・ご相談の時点で情報が得られるか?を相談員に確認してから調査着手をお勧めしております。
優良な企業であるか?ブラックな企業であるか?判断材料となる調査であるためご依頼のニーズが極めて高い信用調査であると言えるのです。

リスクマネージメントと信用調査

調査ニーズが高い信用調査ですが、現代では調査結果の利用法が従来と異なってきていると言える調査に変化してきております。
企業が抱える問題は過去からの蓄積された経験により「多くの問題がマニュアルで対処」されております。リスクマネージメントという言葉が定着した現代において、当然の流れであり「想定できる問題やトラブルは事前対処」が当然の業務の流れになっております。

ここで重要なポイントとなる「事前対処」ですが「判断材料が乏しい案件」に関しては対処するべき判断に迷うことが本当に多く、無駄な時間とコストが必要とされるのです。
我々が実施する信用調査がこのような判断に迷う場面での「正確な判断材料となる情報」として利用され始めているのです。

信用情報の中には「風評による情報」が含まれており、数字から判断不可能な状況の予備情報の役割を果たしているのです。
リスク回避に必要な判断を正確に下すために実施する「信用調査」はご依頼者が必要な情報を提供し「判断を間違うことなくリスク回避」を導く調査となっているのです。

信用調査から発信するグローバル化

世界的にはグローバル化が進む業種が数多く、国の垣根を越えたメリットのもとに業務が実施されることが珍しくない状況と言えます。
探偵・調査の業界に関しても「グローバル化を視野に入れた調査手法の確立」が必要との声が多く聞かれる今日この頃と言え、世界的な探偵・調査のネットワークが確立される事も遠く無い将来に現実となる可能性があります。

本来、探偵が得る情報はクライアントが欲して調査依頼され調査着手されます。探偵が個々に実施してきた従来通りの調査は「依頼を受けた探偵が現地に赴き調査を実施」するものでした。当然、多くの必要経費が発生しクライアントが欲している「費やした費用に対しての報告内容のクオリティー」が想定に達しているか疑問が残る調査が数多く実施されてきたと言えるのです。

そんな状況を改善すべく昨今の調査業界は「各国に存在する探偵や調査会社の業務提携」が盛んに行われており、多くの業務を低コストで実施することが実現方向に向かって動きだしているのです。従来の調査料金を大きく下回るコストで調査を実施し、低料金でスピーディーな調査が現実になると言えるのです。