借金調査・借入金調査

身内の借金を心配する状況からの借金調査

借金をしている人物が周囲の家族に黙って借入を繰り返す。結果、自身の収入では生活が成り立たない程に「複数の貸金業者から数百万円単位の借入」をしてしまい家族に相談し、はじめて多額の借金が発覚する。
このようなケースに至る過程で、借金をしてしまった人物の動向から「おかしな点」が感じ取れることは少なからずあるものです。
もし、その過程で家族の借金に周囲が気が付くことが出来たならば大きな問題に発展する前に問題が解決することでしょう。
それではどのような出来事が身の回りで起こったならば「家族の借金に気が付く」ことができるのか少しお話しします。

まず、聞き覚えの無い人物から借金をしている人物に対して電話が時々かかることがあります。このような電話が何を意味しているか考えるならば「借金の返済が遅れて連絡が入る」ことだと考えられ、家族が借金をしていることに気付くことができる状況の第一段階と言えるのです。
多重債務に陥ってしまう人物の多くは「借金を返済するために借金をしてしまう」ことがあるものなのです。
誰にも頼らず借金を繰り返してしまう悪循環の入り口が「返済が遅れて電話での確認連絡」に表れているのです。

もし、この段階で周囲の家族が借金に気が付くことが出来たならば「多重債務者になる前」に借金が拡大することが防げる段階とも言えます。
一人暮らしの身内がこのような状況だったならば「家族が借金に気付くことは極めて困難」と言えます。
そのようなケースでは「時々、居住先を訪れてクレジット会社からの明細がないか?」等を注視したり、「勤務時間外に派手な遊びをしていないか?」など借金に繋がる動向が無いかも注意してみることが必要と言えるのです。

身の丈に合わない見栄と浪費やギャンブルは借金のもと

身の丈に合わない浪費やギャンブル・異性との交遊に必要な交際費は「借金に陥る主たる理由」と言えます。
特に浪費癖のある人物に多い「高級志向やブランド志向」からの高級車の購入や宝飾品・高級ブランドバッグ購入などは、自身の生活水準を大きく超えた買い物であり、第三者の目にも「分不相応に映る」ものと言えるのです。自己満足の範囲で高級品を買い揃えるとしても「アパートに賃貸暮らしの人物に高級ブランドは不似合」と言えるのです。

日本人は「見栄っ張りでブランド志向が強い」と耳にする機会が少なくありません。そんな評判に比例して借金をする人物も少なく無く、収入に合わない住宅やマンションを無理して購入なども身近に存在するお話と言えることでしょう。
見栄と借金は切っても切れない関係にあり、借金やローンを必要とする理由に大きく関わっているのです。

あなたの周囲に知られる事無く潜んでいる借金は、当社の借金調査で明確にし「家族の大問題」となる前に早期発見が望ましいと言えるのです。

水面下で増加する借金や負債の恐ろしさ

当社が実施する借金調査は「ご依頼者の知りたい借金や負債を調べる」調査と言えます。
身内の借金や負債にはじまり、古くからの知人や商売上の付き合いの深い人物からの「断り切れない借金の申し込み」等にニーズが高い調査となっています。
負債や借金の有無を知って「解決すべき問題」が有るか?無いか?判断する材料として実施される借金調査は「貴方を取り巻く環境」を保守するために必要な調査と言えるのです。
お金で解決できる問題ならば安いと考えるケースもあれば、この金額の負債は手におえないと判断することもあり、根本的な問題の大きさを測る調査とも言い換えることができるのです。