家出調査 家出人調査 住所調査

些細な情報から判明する家出調査・家出人調査

繊細な情報が必要とされる調査項目の代表が、「家出調査」や「人探し」「行方不明者捜索」と言えます。
多くの所在を判明させた経験がある探偵ならば認識していることなのですが、「所在判明に繋がる情報は些細」である場合が多く、地味な情報から所在が判明することが最も多いと言えるのです。

皆さんご存知の「警察の捜査」でも同様の場面を見ることができるのですが、昨今は交通の要である施設に防犯カメラが設置されており、以前と比較するならば情報量や情報の確実性が向上したと言えるのです。
警察のような情報を望めない我々探偵が実施する所在判明のための調査は「行方不明となった人物の関わった情報すべて」を総合的に判断して「生きる情報」を優先した所在調査が実施されます。

過去から現在まで親しく交遊した人物や異性関係・職場で交遊が頻繁であった人物等から「最新の情報を得る」ことが第一段階の調査となります。
職場の親しい人物から「最近の行動や好んでいた趣味」などが情報として得られたならば「捜索の範囲」が狭まって行くのです。

このような地道な捜索の傍ら有力な情報となるライフラインの変化も身内から情報を得ることにより確実な所在調査を実現するのです。

家出や行方不明者の傾向

行方不明な人物の所在判明の手法は大きく分けて2種類存在します。

まず、一つ目は身内であるご依頼者等から得られる個人情報やライフラインの変化に伴う「新たな居住先で発生する情報」を頼りに実施するデータを重視した調査手法が考えられます。
この手法は情報源が行方不明者本人であることから「一度、情報が得られれば非常に判明率が上がる調査手法」と言えるのです。

近年は未成年の家出人捜索が増加し、家出をしてネットカフェで寝泊まりや年の離れた異性の自宅に住むケース等が考えられます。
このようなケースは「家出人の趣味や好む行動に沿った捜索」が必要となります。

家出人捜索を依頼したご両親だけが居場所を知らず、家出人の友人達は居場所を知っている等は珍しくないのです。
SNSで安心したやり取りや情報を共有する人物が限定されている傾向にあることがこのケースの家出人捜索では重要なキーポイントとなるのです。

夫婦関係が崩壊し家出

既婚者が異性問題から家出をして所在不明になってしまうケースがあります。
古い表現で言うところの「駆け落ち」が適当な表現であると思われます。

昨今の駆け落ちは身近な場所で新生活を営むケースが少なくありません。
ご主人がある日突然に帰宅しなくなってしまい「ご主人の勤務先から探偵が帰宅先を尾行してみて判明する結果」から言える事実なのですが、勤務先の通勤圏内で「浮気相手と新生活を築く」ケースが自然と言える状況なのです。
家出されたご依頼者からすれば「よりにもよって近場で浮気相手と新生活」と複雑な心境になる事実が待ち受けているのです。

このような異性関係が原因の家出とは別な理由で家出をしてしまう人物が極稀に存在します。
長年、パートナーや家族からストレスを感じて生活してきた結果、我慢の限界を迎え「家庭を放棄」して家出を実行するご主人などがこのケースになります。
家族との生活では味わえない自由を求めて一人でストレスの無い生活を楽しむために家出を実行する人物なのです。

住所調査や居住先調査に必要な情報

ある人物の現在の居住先を知りたいと考え探偵に住所調査を依頼する。
探偵が依頼人に「何故、居住先調査を実施して住所をお知りになりたいか?」理由を伺い、調査の違法性の有無を確認した上で「住所を知りたい人物についての情報」(調査に必要な手がかり)を伺いお持ちの情報をご依頼者から得る。

もし、ご依頼者がこの時点で情報が乏しく「携帯電話番号や最寄り駅程度の情報」のみの手がかりだったケースでは、居住先調査の判明率はそう高くなく時間を要する住所調査となると言えます。

住所調査や居住先調査の判明率は「ご依頼者がお持ちの情報量」で調査に必要となる費用や調査手法が大きく異なると言えます。
当然の流れなのですが「情報が少なく様々な手法が試みれない調査は困難が予想」されるのです。

住所調査を実施する対象者について「勤務先情報」や「頻繁に出没する特定の場所」がご依頼者情報としてあったならば実働調査である尾行等で居住先住所の判明は高確率となるでしょう。
このように探偵が実施できる様々な調査手法の「どの手法を選択するか?」の判断材料としてもご依頼者情報は大切な役割を果たしているのです。

浮気相手の住所調査は重要な内容証明送付先

ご依頼者が住所調査を必要とする理由は幾つか存在します。
浮気や恋愛のトラブルに関する「浮気相手を特定する情報」として実施される「住所調査や居住先調査」は世間的には需要が高い調査であると言えます。

浮気の現場を証拠として撮影した後に「浮気相手が帰宅する場所を特定する手法」などが探偵が実施する浮気調査から「浮気相手の居住先調査」に移行する最たるパターンと言えます。
浮気相手の住所が判明したならば「不貞の証拠から精神的苦痛により慰謝料請求」の内容証明を送付する送付先住所となるのです。

もし、この流れで浮気相手の存在によりご依頼者自身の結婚生活が破綻し離婚に至るケースなどでは「浮気相手や不倫相手の居住先調査」は極めて重要な調査となるのです。
何度も何度も浮気の証拠を撮影できたとしても「浮気相手の素性や住所が正確」でなければ浮気調査が意味の無い調査となってしまう可能性があるのです。

相続に必要な住所調査や居住先調査

ご両親が亡くなり、兄弟間で相続が必要となる。
しかし、兄弟のなかに何年も住所不明な人物が存在して行方不明な状況にある。
このようなケースでは「現在の居住先や住所調査を実施し、相続するか否か」を確認することが必要となります。

もし、若気の至りから身内や兄弟と絶縁状態にある人物がいるならば「住所調査が必要」な場面と言えるのです。
通常の住所調査では所在が判明しない人物が存在します。
このようなケースで難易度の高い居住先調査が必要になるケースと言えます。
どのようなケースかと申し上げますと「多額の借金から行方不明」になっている人物のケースです。

このような人物は住民票等を移動しないまま行方不明になっている場合が数多くあり、弁護士や司法書士等の職務上請求では「居住先の判明には至らない」ケースと言えるのです。
住民票上の住所が居住先では無い場合は「居住先調査で所在が判明」するまでに時間を要します。

ある程度の過去の情報から現在の居住先を特定する調査であるため2、3日で簡単に調査結果が得られる住所調査とは難易度が異なることが原因となっているのです。
少なくとも居住先が判明するまでに必要な時間は2週間ほど必要と考えられる調査と言えるのです。