対探偵調査

探偵対探偵の調査

探偵に調査を実施されている可能性がある。 調査を実施される理由に「身に覚えがある」ならば素行調査が実施されている可能性は高い。

探偵が実際に調査を実施しているか?という調査を探偵が請け負うことは珍しいことではないので、 テレビドラマや小説で取り上げられるフィクションの世界に存在する「対探偵」の調査は身近な調査であるといえます。

特にどのような人物が対探偵の調査を必要とするか?ご説明するならば「離婚裁判が長引く渦中に身置く人物」であり必要に素行調査や不倫調査を実施されている人物などが上げられるのです。

このような人物に対し「浮気や不倫の証拠を欲して」探偵が調査を実施している可能性は非常に高いと言えるのです。

目に余る素行調査や不倫調査を実施する探偵に対して、付きまとい行為の証拠を撮影し「探偵を尾行し業者名を特定」する調査はポピュラーな調査であるため、 「付きまとい行為に近い悪質な調査を実施する探偵を特定」し「証拠を撮影」することを目的に対探偵調査は実施されるのです。

非常識な探偵の調査には対探偵調査

対探偵の調査を必要とするご相談者は「付きまとわれている」自覚をお持ちの方が多く、「調査の実施対象となる理由に対する自覚の有無」に関しても個人差が存在します。

「何故、調査されるの?」といくら理由を考えてみても探偵に調査される理由に見当がつかない相談者は多く「何を目的に調査を実施しているかは、依頼主のみが知る」事なので理解不能となり、不安な心情が高まってしまうものなのです。

実際に尾行・張り込みが実施されているならば対探偵調査を実施して「張り込みを実施する探偵を撮影し証拠として残す」行為が一般的です。

現在、施行されている探偵業務の適正化に関する法律に沿って、尾行張り込み調査を実施している探偵ならば「張り込みを認識されて続行する行為は法規違反」と判断できるのです。

本来、探偵が業務上実施する尾行や張り込みは「調査対象に認知されては成立していない」と解釈されているのです。

対探偵調査はプロの探偵のみが実施可能な調査

現実に実施されている対探偵調査は「行き過ぎた尾行張り込みによる違法行為」によりお悩みの方に安心した日常生活を提供するために実施される調査と言えます。

車両やバイクを利用した探偵が張りこんでいる証拠を「プロの探偵」により撮影し証拠として残し、違法な調査を実施する探偵業者を排除するために実施されます。

ご自宅より目視可能な場所で尾行・張り込みを実施する探偵を撮影する簡単な調査から、実際に外出して尾行してくる探偵を撮影する難易度の高い調査まで実施しております。

相手探偵の素性を解明できることが一番に望ましいと言えるのですが、「プロの探偵であっても探偵を尾行する行為は困難を極めるため成功率のご提示が難しい調査」と言えます。

そのため相手探偵の素性が判明しないケースも視野に入れて調査を実施されることを了承いただいた上でのご相談・ご依頼をお願いしております。ご理解の程宜しくお願い申し上げます。