追跡調査

賢い追跡調査を実施する探偵

追跡調査の多くは「移動手段となる乗り物を把握」することが重要なポイントとなります。
自動車やバイク電動アシスト自転車などの追跡を実際に実施するには「探偵に追跡のための準備が必要」となるのです。

もし、このような準備を度外視する探偵は「調査結果に執着しない探偵」と判断でき、大切な調査の依頼先としてふさわしくない探偵と言えるのです。

賢い追跡調査を実施する探偵は「負の要素を想定する力がある」と断言できます。
過去に経験した追跡調査の経験から「このシュチュエーションでは失敗する」と負の可能性を追跡調査に生かす判断が出来るのです。調査現場を下見して必要な準備に余念が無く、経験豊富で失敗の可能性が想定できる探偵は「成功率が低い調査であっても調査可能」にしてしまう存在であり「賢い調査を実施できる探偵」と言えるのです。

移動手段によって異なる様々な追跡調査

探偵が実施する調査の多くに「追跡や尾行により調査を実施し情報を得る」手法が存在します。調査対象者の移動手段に合わせた追跡を実施することにより「立ち回り先の情報や接点を持つ関係者を特定」し「ご依頼者が知りえない情報を入手」し抱えている問題や悩みをクリアーにしてゆくのです。
このような追跡調査を実施する際には「調査対象について多くの情報」をお持ちのご依頼者が探偵に依頼したならば「スムーズな追跡調査」が実現されるのです。
調査対象者の行動パターンや移動のために頻繁に利用する交通手段等が調査着手前の事前情報として探偵に伝わっているならば「長時間の追跡調査が可能」となるのです。
もし、調査対象についての事前情報をお持ちでないご依頼者から依頼のケースでは「多くの遠回りな調査時間や必要な交通手段の準備」などが改めて必要となるケースが多く、欲している情報を得るまでに必要とする調査時間や調査日数も増加するのです。

仮に「ご主人や奥様の行動に不審」をもっているご依頼者から「探偵に追跡調査の依頼」があったならば、普段のご主人や奥様の移動手段や行動パターンが事前情報として有るか無いかで「探偵が調査対象者を追跡可能な時間」に変化が生じてしまう為、調査自体の成功・失敗にも関連するお話になってしまうものなのです。

探偵に追跡調査を依頼した初日から調査が難航する理由の多くは「調査対象についての情報不足」が影響していると言えるのです。

追跡調査に必要となる充分な準備

移動手段が追跡調査で重要な要素であることはご理解いただけたことでしょう。探偵が追跡調査のために準備する「追跡に必要な機材や必要な車両」は調査成功のためには欠かせないアイテムと言えるのです。

調査現場での連携を高めるトランシーバーや車載無線機や広域無線機、絶対に調査継続するために準備する発信機やGPSの数々は「探偵が追跡調査を実施するためには最低限必要な準備」と言えるでしょう。探偵が調査のプロである由縁はこのようなアイテムを使いこなし、あらゆる状況に対応が効く存在であるからこそ言葉にできると考えられるのです。

探偵が実施する追跡調査で稀にではありますが「こうしたアイテムの準備が無い探偵の存在」を耳にします。 このようなプロの探偵としてのクオリティーに達していない探偵が実施する中途半端な調査で、「ご依頼者が調査に納得できない」と判断することがあります。

「プロの探偵」として準備不足は「依頼先としてお勧めできない探偵」と言え、このような探偵であるか?を判断する基準は「調査結果で比較」する手段のみであるため「探偵の存在価値を貶める残念な存在」としか言いようがない現実にあると言えるのです。
過去に実施した追跡調査の依頼先に失敗した・・・と後悔している方々には、当社で実施する「プロの追跡調査による調査結果」をお勧めしているのです。