浮気に気づいたら

浮気に気づいた時

婚約者や配偶者の言動や携帯電話などのメールなどを覗き見した結果、浮気をしているのではないかと疑惑が生じたとします。

皆さんは相手に対してどういった対応をされますか?

その場で問いただすという人も中にはおられるかと思いますが、まずメールなどで「好き」「愛してる」等の言葉があったとしても浮気の証拠にはなりません。

ラブホテルのライターやスタンプカード、避妊具などを持っていたとしても浮気をしているという確たる証拠にはならず、あくまでも状況証拠に過ぎないのです。

しかし、浮気をしていることは否めないでしょう。誰もが浮気をしていると感じるはずですが法的には浮気をしている証拠にはならないのです。

ただ、そんな状況で浮気を問いただしても相手が浮気を認めることはまずありません。浮気を認めることは自分が不利な状況になることを十分に承知しているからなのです。

浮気に気づいたことを気づかれない

浮気をしている配偶者にとって浮気を問いただされた場合、その場は認めなくてもその後はどう考えて行動をとるでしょうか?

絶対に浮気を気付かれないように言動に気を付けてしまいます。

それこそ浮気相手と会うにも用心して細心の注意を払うのです。

注意を払うというのは誰かがつけてこないかとか見張っていないかと周辺を警戒することなのです。

もしかしたら探偵に浮気調査の依頼をするかもしれないと浮気相手と会うのを控えるかもしれませんし、会うにしても後ろから来る人を警戒してまこうとする人も出てくるのです。

賢明な皆様は既にご理解されていると思いますが、浮気と気付いたり、浮気をしているのではと疑惑が生じた際には絶対に気付いた事を悟られないことです。

素知らぬ素振りをして、いつもと同じ日常対応をしながら気付いていない振りをして泳がせておくことがとても大事なことなのです。

浮気に気付かれていないと思っている配偶者や婚約者は用心することなく、普段通り、気軽に浮気相手と会うはずです。

そしてホテルなどで浮気という不貞行為を悪びる事なく実行するのです。

それでも決して自分で浮気の証拠を押さえようとすることはしないで下さい。

直ちに浮気調査のプロである探偵に浮気調査を依頼する事です。

尾行、張り込みから写真や動画などの撮影のプロであり、全くの第三者である探偵が尾行、張り込み、撮影をする事で短期間に簡単に浮気の証拠が得られるはずです。

何しろ相手は浮気を悟られているとは思っていないからこそ、いつも通りに安心して浮気相手と会うのです。

しかも全くの他人である第三者である探偵が尾行、しかも複数で実施するのですから警戒しない限り、平然と会える訳です。

結果として貴方のお手元に探偵から提出された浮気の証拠が手に入れば、ここで初めて問い詰めることができるのです。

探偵が提供する浮気の証拠は相手が言い逃れできない確たる証拠ですので認めざるを得ないはずです。

もしもそれでも認めないとしても探偵が提供する証拠は世間一般的に法的にも通じる証拠ですので、みっともなくあがいて認めないでいるだけの話なので世間的にも法的にも全く異議が通りません。

その証拠となる報告書を基に話し合いをする訳ですが、貴方が考える方向性での話し合いになる事は言うまでもありません。

貴方自身や貴方の周りに婚約者や配偶者が浮気をしているかもしれないという疑惑が生じていたならば決して問いただすことはせずに浮気調査のプロである探偵に依頼する事をお勧めいたします。

一時の感情に負けて問いただすことだけは絶対にお止め下さい。

証拠もなく問いただしたとしても貴方にとってメリットは何もありませんし結果としてデメリットばかりとなってしまいます。

浮気をしているかもと思ったら浮気に気付いたことは絶対に気付かれないようにして探偵に浮気調査を依頼をすることです。